壁と同じく屋根の手入れも必須になります。屋根というのは外壁以上に太陽光をうけるので劣化も早い部位ですが、ふだんは目に入らない部位ですし、痛みを危惧している人も吾妻郡東吾妻町では多くはないです。いたんでいくと内部に雨水が染みこみ腐食等がおきてくる場合もあるため、周期的なケアも不可欠になります。時期としては壁と同じく7年前後より10年位を目途に屋根の塗装をやっていくというのが普通のやり方ですが、日本瓦の場合は塗り替えはいりません。

壁の塗装についての見積もり書が提示された際に目を通す箇所として重ね塗りの工程が考えられます。吾妻郡東吾妻町でも通常重ね塗りの回数は下塗りと中塗り、上塗りの三回行います。太陽光が当たる南西の方角など、減衰がひどい所については4回実施する事もありますし、いたみが少ない場所は2回となる事も考えられます。重ね塗りを何回施すかで使う塗装材の料金も差が出てきますのでしっかり確認しておきましょう。見積りについては、これらを何回行うかを見て、書いていない時は質問をぶつけてみるようにして下さい。曖昧な答えを返してくる感じのところは、回避したほうが賢いです。