外壁部分にコケなどが発生すると見かけが汚いだけにとどまらず、壁の素地が傷んできていると考えていいです。かび汚れは日影の場所にできやすく、防かび剤の効果が弱い塗装材で施工されている時はすぐにもでてきます。家を建てる際は、必要経費を削るため塗装の質を低くするといったケースも多く、そうしたケースでは塗料もきずつきやすくなります。もっと傷むとクラック等もおきて、糸島市でも修理の費用が高くなりますから、すぐにも外壁塗装を施すことが大切です。

壁の塗装についての見積り書が出たときに点検するポイントとしては重ね塗りの回数か挙げられます。糸島市でも一般的には重ね塗りの回数というのは下塗りと中塗りと上塗りの3回作業します。ただ、日射をうける方角など、傷みが酷い壁というのは4回施工することもある一方、日光が当たらないところについては2回になることもあります。重ね塗りを何回行うかにより塗料の分量も料金も差が出ますのできっちりチェックしましょう。見積もりでは、これらを何回するかをチェックし、記載がない時は伺ってみるのがよいです。適当な返答をしてくる業者は別のところにしたほうがよいです。