外壁の塗装のちらしを見てみると10年間長期保障付きというように記載しているところも寺田町では多いです。十年間もあれば大丈夫だという人も多いですが、気をつけたいのはその意味です。大多数の場合は保障が認められるのは壁の所のみで、壁から塗装がとれてしまった場合だけ保証されます。しかしながら、壁から塗装材が落ちてしまうことはめったにないですし、外壁にくらべてはがれ落ちやすい木部やトタン等というような部分は10年保障されず、せめても数年位という保障の内容になっている事がほとんどのようです。

寺田町でも外壁の塗装は外観を綺麗にしておくというような効果はもちろん、本来は建築物をおおって守るのが役割りです。壁の下地というのは塗装材で覆うことによって保護しているのですが、時の経過につれて傷ついていき、剥がれてしまったりしてしまいます。そのような感じになると建造物を維持することが困難になり、壁板等の家の構造にまで波及する可能性がでできます。外壁の老朽化が進んでから塗装を行うのでは手遅れですから、そうした状況を避けるために早期の外壁の塗装は必要です。しっかりメンテをする事により建造物の価値も保てます。