壁には、サイディングボードという人工の外壁も新百合ヶ丘ではたびたび使用されます。サイディング材であれば手入れをせずにOKだというような印象を持っている方も少なくないですが、モルタルの壁の場合と同じく壁の塗り替えは必須です。10年前後で塗装を施せば、約30年くらいは使用できますが、塗り替えをしないままでいると早めにひび割れ等のような異常によって使用不可能になります。サイディングも表層は塗料により保持されている事は同様なのです。

外壁部分の表層にコケなどが発生すると見栄えが汚いのみでなく、壁がいたんでいると判断できます。苔はジメジメしているところにつきやすく、カビを予防する効果が弱い塗装材を用いている場合は早めに発生してきます。家を建てる時には、費用をカットするため塗装材の品質を低くするというような事も多数あり、そのようなときには壁の素地も痛みやすくなります。より老朽化すると、破損などもおきて、新百合ヶ丘でも修理にかかる料金は高くなってきますので、すぐにも外壁の塗り替えを施す事が大事です。