外壁部分にカビやコケ等が生じると外見がよくない以外にも、壁の下地が傷んでいると考えられます。コケは日光が当たらないところに生じやすく、かびを予防する効果が弱い塗装材を使用している場合は早い段階でできてきます。建築の際は、経費をけずるために塗装材の品質を下げるといった事もあり、そうしたときには壁の素地もきずつきやすくなります。もっといたんでいくと破損等も生じて、山口市でも修繕にかかる費用は大きくなりますから、早期に外壁の塗装を施す事がポイントです。

外壁塗装のちらしを見ると十年間保証ですというように記述している業者も山口市では少なくないです。10年保証ならありがたいといった人も多いですが、確認しておきたいのがそれらの意味です。ほとんどの場合は保証されるのは壁のところのみで、外壁から塗料がとれてしまった時のみ保証が効きます。ただ、外壁から塗装がはがれるというケースはめったにありませんし、外壁よりもはがれやすい木部等というような箇所は十年保障されず、せいぜい2,3年くらいといった保障の中身になっていることが多いです。