外壁の塗装をするときにきちんとやっておきたいのが色のチョイスです。先立って塗料の色見本を見て決定する形になりますが、実際に塗装されると思っていたものと別物になってしまったという事が鎌倉市でも多くなっています。どうしても小さいサイズのサンプルで見る色の雰囲気と外壁すべてに塗られたものとではフンイキは異なってしまうことも多々あります。周りの家屋の色彩との調和を想像してみることも必要です。通常は、鮮明な色彩を選択すると時間の経過とともに汚れが目立ってきますので、落ち着きのある色彩を選ぶと失敗がありません。

壁部分の外層に苔などがでると外観がよくない以外にも、塗料の劣化が進んでいると考えて大丈夫です。かびはジメジメした所にでやすく、かびを防止する効果が弱い塗料で塗られている場合は早めに発生します。建築の際は、支出を抑えるために塗装の品質を下げるというケースも少なくなく、そうしたケースでは外壁の劣化も早くなります。もっと老朽化が進むと、ヒビ割れ等も生じ、鎌倉市でも修理費用は大きくなってきますので、早めに外壁の塗装を施すことがポイントです。