外壁の塗り替えについての見積もりが出たときに見る観点として、重ね塗りの作業か挙げられます。綱島でも基本的には重ね塗りの回数というのは上塗りと中塗りと下塗りの三回実施します。ただ、日光をうける側等、劣化が酷い壁というのは四回作業する事もあり、日差しが当たらないところについては二回となることもあります。重ね塗りを何回施すかによって塗料の分量も金額も異なってきますのできちんと注視しておきましょう。見積りでは、これらを何回施すかを確認し、記載がない時は聞くようにしてください。いい加減な回答をしてくるような業者は依頼しない方がよいです。

外壁塗装会社というと直接営業が少なくないという感じが綱島でももたれています。広告ビラを入れてくるのみならず、塗り替えをしてくださいというように不意に玄関先に来るケースも多くなっています。何ゆえに訪問営業をしてくるのでしょう。家の外壁が道から見えてしまうからです。業者の営業は街を徘徊して、おのおのの壁を吟味していき、壁が老朽化しているところを選択してたずねてくるのです。手当たり次第に現れるのではなく、壁の塗装をすべきな所を選択して訪問しているのですが、中には、しつこい訪問営業を行っている会社もあるので注意を払うことが必要です。