壁の塗装をする時にきちんとやっておきたいのが壁色の決定です。先立って塗装の色見本を見て選ぶ形になるのですが、実際に塗装してみると想像していた色と違う風になってしまったという事がふじみ野市でも多いです。小型の色見本の色の雰囲気と外壁一面に塗られたものとでは印象は異なってくることも少なくないです。周囲の建物との釣り合いを心に留めることもポイントになります。一般的には、鮮烈な色を選択すると時間とともに色あせが出やすいので、落ち着きのある色彩にするとうまくいくことが多いです。

外壁と同様に屋根のケアも大事です。屋根は外壁以上に紫外線をうけますので劣化も早い所ですが、めったなことでは見えない所ですし、痛みを気にかけている方もふじみ野市では多くないです。古くなると内部に雨水が入り腐食などがおきてくるケースもあるので、周期的な整備も必要になります。年数はというと外壁と同じようにだいたい7,8年位より10年程度で塗装をしていくのが原則ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えはしなくてもOKです。