外壁が汚れてきたら、壁の塗装のタイミングであると考えていいです。色が変わってきているのは塗装材の表面が太陽光などの影響で樹脂を破壊されてしまっているという事になります。一部だけ塗装材が落ちてきている時も同じになります。もっと傷むと外壁部分を触れた時に塗装材が付着するようになります。これを塗膜の白亜化と言い、行方市でもこのような感じになったら壁の塗り替えの時期と判断できます。

家の壁部分には、サイディングというボード状の壁というのも行方市では頻繁に利用されます。サイディングならばメンテナンスをせずにOKだというようなイメージを抱く人も多いですが、モルタルの場合と同様に外壁の塗り替えは必要です。約十年くらいで塗装をすれば、三十年前後は大丈夫ですが、塗装をしないままでいると早期にひび割れなどといった問題で利用できなくなってしまうこともあります。サイディングでも外層は塗装の皮膜によって守られているという事に違いはありません。