見積りの時に目を通しておく観点としてはケレン作業か挙げられます。前の塗装の油膜を取り除いて壁の下地の調整をする作業で、この施工をやらないと、新しい塗装材がしっかりと効果を出せなかったり、短い年数で剥がれてしまったりすることも多いです。茶屋町でも、下地調整のケレン作業は時間が発生するので、中には、これらの施工を省いてしまう会社も存在するので注意が必要です。完成までの日程がすごく短かったり、金額がすごく激安な時は、この工程を行っているかを見ておきましょう。書いていないときは質問をぶつけてみるようにしてください。

壁の塗り替えについての広告を見ると10年保障しますと記述している会社も茶屋町ではよくあります。十年間保証なら満足だというような人も多数いますが、知っておきたいのは保障の意味です。多くの場合は保障されるのは外壁の部分だけで外壁から塗料がはがれ落ちたときだけ保障が認められます。しかし、外壁から塗装がはがれてしまう事はそうめったにはありませんし、壁にくらべて剥がれてしまいやすい木部などといった部分は10年間保証が認められず、長くても2,3年前後といった保証の内容である場合がたいていのようです。