塗り替え会社というのは直接営業ばかりしてくるといった感じが横浜市保土ケ谷区でも浸透しています。ポスティングちらしを配ってくるのみならず、壁の塗り替えを安くしますよといきなりあらわれることも増えています。何ゆえに戸別営業をしてくるのでしょうか。それは外壁部分が外から見えてしまうからです。業者の営業担当者は街を歩き、ひとつひとつ建物の壁を調査していって、壁が古くなっている所を見つけたらおとずれるのです。闇雲におとずれるのではなく、塗り替えが必要な家を選択して営業してくるのですが、ときには、しつこい訪問営業をするような業者もあるので気をつける必要があります。

建物の壁が色あせてきたら、外壁の塗り替えのタイミングが来ていると思って大丈夫です。外見が変化してきているという事は塗膜の表面が太陽光などで組織を壊されてしまっているという事です。一部分だけ塗装材が剥がれてきているときも同様になります。さらに傷ついていくと外壁部分を触ったときに塗装材が手につきます。このことを白亜化と言い、横浜市保土ケ谷区でもこのようになったら壁の塗装の時期と思ってください。