建物の外壁部分につやがなくなってきたら外壁塗装のタイミングであると考えられます。見た目が衰えてきているということは、塗装材の表層が雨風などによって顔料を壊されてきているという事になります。部分的に塗装が剥落しているときも同じになります。より傷つくと外壁を手でタッチしたときに塗装材がつきます。これらを白亜化と言い、葛飾区でもこのようになったら塗り替えのタイミングと思ってください。

葛飾区でも壁の塗り替えというのは見た目をよくしておくという意味に限らず、元々は建築物を耐水して保護する事が目的です。壁の下地というのは塗装の皮膜でカバーすることによって保護しているのですが、時間が経つにつれていたんでいき、ヒビが発生したりします。そのような状態になってくると建築物を保全する事が難しくなり、壁板等の住居の造りにまで影響が及ぶ場合もあります。壁の下地の老朽化が進んでから壁の塗り替えをするということでは後の祭りなので、そのような事態を防ぐために早めの外壁塗装作業が重要です。然るべくケアを行うことで建造物の価値も高まります。