外壁と同じく屋根のメンテナンスについても必要になります。屋根というのは壁と比較しても太陽光を受けるので痛みやすいところですが、日ごろは見えない部分ですし、劣化を危惧している方も十条では多くはありません。劣化すると、家の中に水が染みこみかび等の要因になるケースもありますため、何年かおきの整備も不可欠です。年数としては外壁と同様にだいたい7年前後より十年程度で塗装をしていくのが通常のやり方ですが、日本瓦は塗り替えをやる必要はありません。

十条でも塗り替えには見栄えを美しく保持するといった目的以外にも、本来は家を防水で維持する事が狙いとなります。壁の素地というのは塗膜にておおうことでまもられているのですが、年数の経過につれて劣化して、はがれたりします。そうなると建築物を守っていくことが困難になって、柱等の建物の造りまで傷んでいく場合もあります。外壁が傷んでから外壁の塗り替えを施すのでは後の祭りですから、そうしたことを防ぐためにも周期的な外壁塗装作業が不可欠です。きっちりメンテをやっていく事により住居の価値も保てます。