外壁の塗装を施す時に注意しておきたいのが壁色の選択になります。事前に塗装のサンプルで決定するのですが、完成するとイメージと違うようになったというようなことが南巨摩郡南部町でも多くなっています。どうしても小型の見本の色の雰囲気と壁一面に塗装された色ではフンイキは差が出てしまうことも少なくないです。周囲の建物とのフィット具合を心に留めてみる事も大切です。通常は、目立つ色の場合は年数の経過につれて色の劣化が著しいので、落ち着きのある色を選択すると安全です。

外壁の型としては、モルタル外壁やサイディング材が南巨摩郡南部町でも多く使われ、それ以外にはトタンや板などです。モルタルというのはセメントと砂等を混ぜて作ったモルタル材を左官職人がつけて、さらに塗料を塗って作り上げるといったもので、サイディングボードが開発されるまでは多数派でした。この頃の大半はサイディングボードを使用した壁となり、事前に加工場等でつくられたサイディングボードと呼ばれる壁材を貼っていく形で作っていきます。どちらの壁も一定期間での外壁塗装が必須であることでは同じです。