外壁の塗装会社は飛び込み営業がやっかいだという印象が幡豆郡吉良町でももたれます。ポスティング広告ビラを撒いてくるだけでなく、塗り替えをしましょうという感じでとつぜんセールスしてくる場合も増えています。どういう理由で飛び込み営業が多いのかというと、それは壁部分が外から丸見えだからです。営業担当者は住宅地を彷徨い、ひとつひとつ家の外壁を見ていって、壁部分が古くなっていたりする所を探してやってくるというわけです。全部の家に訪れるのではなく、外壁の塗装をすべき所を選択して営業をかけているのですが、中には、面倒な飛び込み営業を行っているような会社もあるため気をつけましょう。

建物の壁部分にはサイディングボードという人工の壁材も幡豆郡吉良町では頻繁に用います。サイディングボードは整備がいらないといったイメージをもっている方も少なくないですが、モルタルの場合と同じように外壁塗装は重要です。10年程度で塗り替えを施していけば、30年くらいはもちますが、塗装をしないでいると早めの年数でひびなどのようなトラブルにより使えなくなります。サイディングボードだとしても表面は塗装で保護されているという事は変わらないのです。