壁部分の表面にコケなどがつくと見栄えがまずいことはもちろん、塗装材が劣化していると考えられます。カビはジトジトした部分に生じやすく、カビを防ぐ効力が低い塗装材を用いているときは早めに現れてきます。新築の時には、諸費用を抑えるために塗装の質を下げる場合も多く、そうした時には外壁も傷みやすくなります。もっと傷ついていくとクラック等も起きて、横浜市旭区でも補修にかかる料金は多くなってきますので、すぐにも壁の塗り替えを行うことがポイントです。

外壁の塗装についての広告ビラには10年保証しますと書かれている会社も横浜市旭区では多いと思います。十年保障ならば大丈夫だというような方も多数いますが、知っておきたいのはその内容です。ほとんどの場合は保証が認められるのは壁部分だけで壁から塗料が剥がれ落ちたときのみ保障が認められます。しかしながら、外壁から塗装が剥がれてしまうといった事態はそうめったにはありませんし、壁に比べたらはがれやすい木部や鉄やトタン等というような箇所は十年間保障の対象にはならず、長くても三年くらいといった保証の中身になっている場合が大部分のようです。