壁と同じく屋根のメンテナンスも大切です。屋根というのは壁と比較しても日差しを受けるのできずつきやすくなるところなのですが、日ごろは目に入らない部分ですし、傷みを心配する人も下都賀郡都賀町では多くはありません。傷むと内側に雨水がしみこみ侵食などが生じる事もあるので、何年かごとのケアが大切です。年数としては壁のように7,8年くらいから十年前後を目安に屋根の塗り替えを行うのが原則ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えをする必要はありません。

壁に起こるトラブルとしては、ひびやカビ汚れなどがあります。ヒビ割れというのは建物のひずみなどによって起こりますが、ほとんどのケースでは修理は可能です。かびについては太陽光が当たらない部分にできやすく、塗料のかびを防ぐ効力が弱かったりしたときに生じます。早急に対応すべき事態ではありませんが見かけもよくないですし、ほったらかしていると劣化しますので壁塗装を施すのもありです。塗装の皮膜が落ちるといったことは下都賀郡都賀町でもたくさんはないのですが、多くの場合は作業上の過ちによるものです。