外壁のタイプとしては、モルタル、サイディングボードが南松浦郡新上五島町でも普通で、他には板張り等となります。モルタルというのは砂やセメントなどを練り混ぜたモルタル材を左官屋さんが壁に塗りつけて、そこに塗装をして仕上げるというような方法でサイディング材が開発される前はほとんどをしめていました。現在の多数派はサイディングボードを使った外壁で、先に作業場などで製造されたサイディングという外壁材をくっつけていく形で施工します。いずれも何年かおきの壁の塗り替え作業は重要である点では違いはないです。

建築物というのは出来た時から古くなり始めているので、つねにお手入れをしていくことが南松浦郡新上五島町でも必要です。とりわけ外壁部分というのはつねに太陽光を受けながら、徐々に劣化します。その状態のまま放っていると外壁にひび割れが入る等、修繕工事をすることになります。建物の外壁部分が壊れるのをとめるには外壁の塗り替え作業が必須です。壁の塗装というものは外見をキレイに保つだけでなく、外壁を保全してひび等を防ぐというような効果も持ち、その結果として修理の費用等を払わなくてもすむのです。まだきれいなので必要ないという事でなく、建造物を守っていくのに重要な整備となります。