壁が古ぼけてきたら、塗り替えの時期だと思っていいです。見た目が違っているのは塗装材の表層が酸性雨などで組織を壊されてきているということです。塗料が剥脱してしまっているときも同じになります。もっと老朽化すると、壁を手でふれた際に塗装が手に付着します。これらをチョーキングと言い、むつ市でもこの現象が起きたら壁の塗装の時機と考えて大丈夫です。

外壁の塗り替え業者は直接セールスしてきてうざったいというようなイメージを抱く方がむつ市でも多数いるようです。うんざりする直接営業をしてくるようなところもあるので注意を払わなくてはなりませんが、家の壁部分を見て壁の塗装をしたほうがよいと診断してやってくる業者もいます。実際問題として、外壁部分の老朽化をそのままでほったらかしておくと住居というのはたちまち傷ついてしまいますし、早い段階での外壁塗装作業は重要です。見栄えを良くするというねらいもあるのですが、住居を守っていくためにも外壁の塗装は重要であるということをきっちり承知しておくことも家主としては必要です。