外壁と同じように屋根の管理も必要です。屋根は外壁と比べても風雨をうけるので老朽化も早いところですが、めったに目にしない場所ですし、老朽化を気にしている方も柏崎市では少ないです。傷ついていくと、家の中に雨が入って腐敗等が発生する事もありますため、何年かおきのケアが必要です。サイクルは外壁と同じように7,8年程度から10年前後にて屋根の塗装をやっていくというのが一般的ですが、瓦は塗り替えを施す必要はありません。

塗り替えについての広告ビラには10年保障ですと記述してあるところも柏崎市では少なくありません。10年間であればありがたいといった方も多いですが、気をつけたいのはその内容になります。たいていの場合は対象となるのは壁のところのみで、壁から塗料がはがれ落ちた場合だけ保障が認められます。しかしながら、壁から塗料が剥がれ落ちるといったケースはそうめったにはないですし、外壁にくらべてはがれ落ちてしまいやすい木部やトタン等の部位は10年間保証が効かず、長くて三年程度という保障の中身のケースがほとんどです。