建物の外壁の塗装をお願いする時機は、家が完成してから、または以前の壁の塗り替えからの年数でいうと、基本的に沖縄県でも約十年前後になります。もちろん、気候等で差はありますが、標準としてその位です。なかには、建設のときに質の低い塗装材 で済ませていたり、そもそも塗料さえも使用していない場合もあって、その時は早期に外壁が傷んでしまうというようなこともあります。外壁の塗り替えというのはクラック等からガードするといった狙いをもちますので一定期間で行うようにしましょう。

建物の外壁のタイプでは、モルタルの壁とサイディング材というのが沖縄県でも多数で、その他だとトタン等です。モルタルの壁というのは、セメントと砂石等を混ぜたモルタルを左官職人が壁に塗り、さらに塗装して作り上げる工法で、サイディングボードが登場する以前は多くをしめていました。この頃のほとんどはサイディング材の外壁となり、さきに加工場等にて生産されたサイディングという壁材を貼っていくように作っていきます。いずれの壁も何年かごとの壁の塗装が欠かせないことでは変わりはありません。