家の壁部分には、サイディングボードという人造の壁というのも大分県では頻繁に利用されています。サイディングボードはメンテをしなくてもいいというようなイメージを持っている方も多いですが、モルタルと同じく壁の塗り替えは重要です。約十年程度で塗り替えを行えば、だいたい三十年前後はもちますが、塗り替えをせずにいると早い年数でひび等のような問題によって使用できなくなってしまいます。サイディングボードだとしても表層は塗料により守られているということは同じです。

外壁塗装の見積もり書を出してもらった時に目を通す箇所として重ね塗りの回数か挙げられます。大分県でも通常は重ね塗りというのは下塗りと中塗りと上塗りの3回施工します。とはいえ、紫外線があたる南西の方角等、痛みが厳しい場所は4回実施することもあり、傷みが少ない所については二回となる事も考えられます。重ね塗りを何回やるかにより使用する塗装材の分量も代金もちがってきますのできちっと目を通しておきましょう。見積もりでは、これらを何回行うかに気をつけ、省略されている場合は聞くのがよいです。雑な応対をしてくる会社は、回避した方が賢いです。