長野県でも外壁の塗り替えには外見をよくするというような効果だけでなく、もともとは家を耐水して保護する事が役目になります。壁の素地は塗料でカバーすることによって守られているのですが、年数が経つにつれ傷つき、ひびが入ったりしてしまいます。そのような感じになってくると住居をガードする事ができなくなり、壁板などの家の内側まで傷んでいく可能性がでできます。壁の素地が傷んでから外壁の塗り替えを行うということではどうしようもないですから、そういった状況をさけるためにも早い段階での外壁の塗り替えは大切です。しかるべくケアを行っていく事で建物の価値も高まります。

壁と同じく屋根の手入れも必須です。屋根というのは壁と比べても雨風を受けますので痛みやすい部分なのですが、ふだんは見えない場所ですし、痛みに気づく人も長野県ではわずかです。傷ついていくと、中に雨水が入り込んで腐敗などの要因になるケースもありますため、周期的な整備も不可欠になります。サイクルはというと外壁のようにだいたい七年程度から10年程度を目安に屋根の塗り替えを施すのが通例ですが、日本瓦の場合は塗り替えを行う必要はないです。