見積もりのときに注視しておく箇所としてケレン作業が考えられます。元々の塗装を取って壁の具合の調整を行うもので、この工程をしておかないと、新たな塗料がきっちり機能を果たせなかったり、早い段階で剥がれ落ちたりすることも多いです。宮崎県でも、下地処理は手間がいるため、これらを省略して済ます業者もあるようなので気をつける必要があります。施工日程が非常に迅速だったり、代金がかなり激安な時は、下地処理をするケレン作業をしているかを確認しておきましょう。記述がない際には訊ねてみるようにしてください。

壁部分にはサイディングボードと呼ばれる壁も宮崎県では頻繁に使用されています。サイディング材ならば手入れが必要ないといった印象を持っている人も多いと思いますが、モルタル外壁と同様に外壁の塗り替えは必須です。およそ十年前後で塗装を施せば、約三十年位は利用できますが、塗り替えをしないでいると早期にヒビなどのトラブルによってつかえなくなってしまうこともあります。サイディングボードも外側は塗装の皮膜により保持されていることは同様になります。