見積りの際に目を通す項目として下地処理を行うケレン作業が考えられます。これまでの塗装を除去して外壁の具合の調整を行う工程で、これを飛ばしてしまうと、新規の塗料がしっかり働かなかったり、早めにとれてしまったりすることも多いです。宮城県でも、下地処理をするケレン作業というのは手間がかかってくるため、これらの工程をやらないでおく業者もあるようなので注意しましょう。作業日程がとても少なかったり、代金が非常に安価な時は、下地調整を行うケレン作業の有無を確認してください。記載していないときは訊ねてみるようにしましょう。

外壁には、サイディングというボード状の壁も宮城県では頻繁に用いられます。サイディング材というのは整備をしてなくても良いといった印象をもっている方も少なくありませんが、モルタルの壁の場合のように外壁の塗り替えは必要です。およそ10年位で塗り替えを施していけば、およそ三十年前後は大丈夫ですが、塗装をしないと早い年数でひびなどのような問題によって使用不可能になってしまうこともあります。サイディング材でも外層は塗膜によりまもられているということは同様なのです。