壁部分に発生する問題としては、クラックやカビやコケなどがよく見られます。ひびは構造の歪みなどが要因で発生しますが、たいていの場合で修繕可能です。カビ汚れについてはジメジメしている部分につきやすく、塗装の防カビ剤の効き目が弱かったりした時に起きます。すぐに対応する事態ではないのですが見かけも良くないですし、そのままで何もせずにいると、いたんでしまいますので塗り替えを施すことも選択肢になります。塗装の皮膜が剥がれるといったケースは鹿児島県でも少ないですが、多くの場合は施工の過ちです。

外壁と同じように屋根のケアについても必要になります。屋根というのは外壁と比べても太陽光の影響を受けるのできずつきやすくなる所ですが、いつもは目にすることはないところですし、傷みを気にかけている人も鹿児島県ではわずかです。老朽化が進むと、家の中に水分がしみこみ浸食等が発生する場合もあるため、一定期間での手入れも必須になります。時期はというと壁と同様に7年位より十年くらいを目途に塗り替えをするというのが一般的ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えを施す必要はありません。