外壁の塗装を一人でやれないかと知恵をしぼる方もいますが、推奨はできません。スキルがある方ならば、できると思われますが、外壁の色をつけるだけなので独りでも問題ないといった理解の場合は、業者に依頼した方が安全です。外壁の塗装には建物を維持するといった重要な意味も持っています。下地処理で前の塗装材を取って、重ね塗りを施して完成させるといったプロセスは、どうやっても本業でないと難しいです。香川県でも材料の料金は安くありませんし、美観も汚くなる危険があがります。

壁の形態としてはモルタルの壁とサイディングボードというのが香川県でも通常で、それら以外だと板張りなどになります。モルタルの壁はセメントや砂等を練り合わせて作ったモルタルを職人が塗り、さらに塗装材を塗って施工するといった方法でサイディングが現れる以前は日本の家の多くをしめていました。このごろの多数派はサイディング材を用いた壁となり、先に加工場などで生産されたサイディング材という外壁材を貼る形で作っていきます。いずれも何年かごとの壁の塗り替え作業が大切であることでは変わりません。