マイホームの外壁の塗装の時期は、完成してから、または前の塗り替えからでいうと、一般的に岩手県でもおよそ十年程度になります。気象条件等によって変わりますが、相場としてそんな感じになります。場合によっては、建築の時に低品質の塗料を利用していたり、塗装材 さえも使用してなかったりすることもあって、その場合はたちまち壁部分がいたみはじめるという事も珍しくありません。外壁塗装というものはひび等を防ぐという役割をもちますので、周期的にやるようにしてください。

壁の塗装の見積もり書をもらった時に点検するポイントとしては、重ね塗りか挙げられます。岩手県でも基本的に重ね塗りというのは三回実施します。また、紫外線をうける方向など、痛みが著しい部分というのは4回作業することもあり、日光が当たらない場所については2回になることも考えられます。重ね塗りの回数によって使用する塗装材の量も代金も変わりますのできっちり目を通しておきましょう。見積りについては、重ね塗りを何回施すかを確認し、省かれている時は聞いてみるのがよいです。雑な答えを返してくるような業者は別の会社にしたほうがよいです。