外壁につやがなくなってきたら壁の塗装のタイミングになったと思っていいです。色が劣化してきているのは、塗膜の外層が風雨などで組織を破壊されているということです。部分的に塗装材が剥落しているケースも同様です。より劣化が進むと、外壁をさわった時に塗装が手につくようになります。このことを塗料の白亜化と言い、茨城県でもこうなったら外壁の塗り替えのタイミングと判断していいです。

壁の塗装についてのちらしを見てみると十年間長期保証しますというように明記してあるところも茨城県では少なくないです。十年間であれば大丈夫だと思う人も多いですが、チェックしておきたいのは保証の内容になります。だいたいの場合は保証の対象となるのは外壁の所だけで壁から塗装材がはがれたときだけ保障が認められます。しかしながら、壁から塗装が剥がれ落ちることはそうめったにはないですし、外壁に比べて剥がれ落ちてしまいやすいトタンなどというような箇所は十年保障が認められず、せいぜい3年前後というような保証の中身になっている場合が多くなっています。