外壁と同じように屋根のメンテナンスも重要になります。屋根は外壁と比べても日差しをうけますので老朽化も早い所ですが、そうそう見えない箇所ですし、いたみを気にしている人も北海道では多くありません。傷んでいくと、建物の内部に水がしみこんで腐食などの原因になるときもありますので、何年かおきの整備が重要です。年数は壁と同じようにだいたい七、八年くらいから十年前後を目安に塗装をやっていくというのが普通のやり方ですが、瓦の屋根は塗り替えは不要です。

建物の外壁部分にはサイディングと呼ばれる人工の外壁材というのも北海道では一般的に使用されます。サイディングボードであればケアをしなくてもいいというイメージを持つ方も多数いるようですが、モルタルの場合のように外壁の塗装は欠かせません。約10年位で塗装を施せば、30年前後は利用できますが、塗り替えをせずにいると早期にヒビなどといった異常で利用できなくなってしまうこともあります。サイディングボードも表面は塗膜によって守っているという事は同様になります。