建物の壁部分には、サイディングと呼ばれる人造の外壁も広島県ではよく使用されています。サイディングボードであればメンテをしてなくても良いといったイメージを持つ方も多数いるようですが、モルタルの壁と同じように壁の塗装は大切です。およそ10年前後で塗装をしていけば、およそ30年位はもちますが、塗り替えをしないでいるとすぐにもひび等といった異常によって利用できなくなります。サイディング材も表層は塗装材によってまもられている事に変わりはありません。

広島県でも外壁の塗装は美観を綺麗にするというような意味だけにとどまらず、本来は家屋を防水して保護するのが目的となります。壁の下地というのは塗膜で覆い隠すことによって守られているのですが、年数が経つにつれ傷ついていき、ひび割れたりします。そうなると建造物を保全する事が難しくなり、壁板等の住居の構造までいたんでいくこともあります。壁の下地が劣化してから壁の塗装を施すのではどうしようもないので、そういった状況を免れるためにも周期的な壁の塗り替えが必須です。きっちりケアをやっていく事で家屋の寿命も長くなります。