外壁の塗装についての広告を見ると10年間長期保証ですというように掲載してある業者も群馬県では少なくないようです。10年間であればありがたいというような方も大勢いますが、確認しておきたいのはその内容です。だいたいのケースでは保障が効くのは外壁の部分のみで、壁から塗装がはがれ落ちたケースのみ保障が効きます。そうは言っても、壁から塗装材がはがれてしまうといった事態はめったにありませんし、壁にくらべてはがれ落ちやすい鉄部などといった所は十年間保証が効かず、せめても数年前後という保障の中身になっているケースがほとんどのようです。

壁にかびなどができると外見が悪いだけにとどまらず、壁の素地の劣化が進んでいると考えて大丈夫です。カビは日差しが当たらないところに生じやすく、防カビの効果が弱い塗装で塗られている場合は早期にでてきます。家を建てる際には、経費をけずるために塗装材の質を落とすといったこともあり、そのときには塗料も痛みやすくなります。さらに傷つくと、ひび割れ等も発生し、群馬県でも補修にかかる費用は高くなりますので、早めに外壁塗装を行う事が大切です。