家の外壁におきる症状としては、ヒビ割れやカビ汚れなどがありがちです。クラックはというと乾燥や建物のひずみ等が原因で生じますが、多くのケースでは補修可能です。かびについてはジトジトした部分にできやすく、塗装の防かび剤の効力が低かったりすると生じます。緊急に対応するものではありませんが美観も悪いですし、その状態のままほったらかしておくと、いたんでしまいますので壁の塗装を検討することもありです。塗装が剥落するという事は福島県でも多くないのですが、たいていのケースは作業上のミスになります。

外壁塗装の見積もりがでた際に点検するポイントとして、重ね塗りか挙げられます。福島県でも通常重ね塗りの回数というのは上塗り、中塗り、下塗りの3回施します。また、太陽光をうける方向等、減衰が多い所というのは四回施すこともあり、太陽光が当たらない所は二回となる事もあります。重ね塗りを何回やるかにより塗料の金額も変わりますのでしっかりとチェックしておきましょう。見積りでは、重ね塗りを何回行うかを注視し、記述がないときは聞いてみるのがよいです。雑な回答をしてくる感じの会社は、別の所にした方が良いです。