塗り替えを自力で行うことができないかと思う方もいらっしゃると思いますが、あまりオススメはできません。技術を持っている方であれば、行えると思われますが、壁の色を塗るのみなら自分のみでも差し障りないといったくらいの認識ならば、業者に依頼した方が良いです。壁の塗装には建築物を維持するという大事な狙いも含まれています。下地処理を行うケレン作業で古い塗装材をのぞいて、重ね塗りしながら完成させるといったプロセスは、やはり本業でないとうまくいかないです。福井県でも塗装材費は発生してきますし、外見も低品質になるというリスクも出てきます。

建物の壁の形態はモルタルの壁とサイディングが福井県でも普通で、ほかにはトタン等になります。モルタルの壁というのは砂石とセメント等を練り合わせたモルタル材を職人さんが塗りつけて、そこに塗装材を塗って施工するというような工法で、サイディングがでてくる前は大部分をしめていました。このごろの多数派はサイディング材を使用した壁になり、前もって工場等で作られたサイディング材と言われる壁材を貼っていく形で作っていきます。どちらも周期的な壁の塗り替えは欠かせないことでは変わりはありません。