外壁の塗り替えのビラを見てみると10年長期保障というように掲載しているところも愛媛県では少なくないようです。十年もあれば大丈夫だという人も多いと思いますが、チェックしておきたいのは保証の中身です。だいたいの場合は認められるのは壁のところだけで壁から塗料が剥がれたときのみ対象となります。しかしながら、外壁から塗装が剥がれ落ちてしまうという事態はめったなことではないですし、壁よりはがれ落ちてしまいやすいトタンなどの所は十年間保障されず、長くても三年前後といった保障の中身である事が多くなっています。

外壁のタイプではモルタル外壁やサイディングというのが愛媛県でも一般的で、その他にはトタンや板ばりなどとなります。モルタルというのは、砂石やセメントなどをまぜ合わせたモルタル材を左官屋さんがつけて、塗装して完成させるやり方で、サイディングが普及するまでは日本家屋の大部分をしめていました。この頃の多数派はサイディングボードをつかった壁になり、予め工場等で作成されたサイディングと呼ばれる壁材を貼るように仕上げていきます。両方とも定期的な外壁塗装は必要であるということでは同様です。