壁につやがなくなってきたら壁の塗り替えの時期が来ていると判断していいです。見かけがちがっているのは塗料が酸性雨等で樹脂が離脱してきているということです。一部だけ塗装がとれてしまってきているケースも同じになります。もっと傷つくと外壁を手で触れたときに塗装が手につきます。このことを塗料の白亜化と呼び、青森県でもこの症状になったら壁の塗り替えの時期と判断してください。

見積りのときに目を通しておく観点としては下地処理のケレン作業があります。これまでの塗装材を除去して外壁の環境の調整を行う施工で、この作業をやらないと、新しい塗装材がしっかりと機能しなかったり、早い段階で剥がれ落ちてしまったりすることもよくあります。青森県でも、下地処理を行うケレン作業というのは時間がいるため、この施工を省略するところもあるようなので気をつける必要があります。施工日程がとても短かったり、費用がすごく安かったりするときは、下地処理のケレン作業のありなしをチェックしましょう。省略されているときは聞いてみるのがよいです。