外壁のように屋根の手入れについても大切です。屋根は壁と比較しても日差しをうけますので老朽化も早くなる部分ですが、めったに見ない箇所ですし、劣化を気にかけている方も愛知県では多くはありません。傷つくと家の内側に雨水が入り込んで浸食などが生じてくることもあるので、定期的な管理が大事です。時期はというと壁と同様に約7年くらいより10年前後を目安に屋根の塗装をするというのが通常のやり方ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えは不要です。

壁の塗装をしてもらう時期というのは、家ができてから、あるいは以前の外壁の塗装からでいうと、普通は愛知県でもだいたい10年前後です。無論、場所等によって変動しますが、だいたいその位になります。なかには、建築のときに安価な塗料を使っていたり、ハナから塗装材 を使ってないような場合もあり、そのような時にはすぐさま外壁がいたみはじめるという事も少なくありません。外壁塗装というものはヒビ割れ等を押さえるという目的をもちますので、周期的にやるようにしましょう。