壁塗り替えと屋根の雨漏り補修の業者を探すには?

家を購入する際、ホームメーカーから「5年を目処に、外壁塗装をした方が良いですよ」と言われた方もいると思います。

しかし、業者などに確認すると、新築の場合には10年程度が外壁塗装の目安と言われていますから、新築でマイホームを購入した方は、10年経ってから、考えると良いでしょう。
日本には、四季がありますから「どの季節に依頼すると、塗り替え工事は進めやすいんだろう?」と思われる方もいると思います。

塗装工事では、塗料を外壁に塗っていくことになりますから、出来れば雨の多い梅雨の時期には工事は避けた方が無難といえるでしょう。

しかし、どの季節でも雨は降るもの。全く、工事の際に雨を避けることは出来ませんから、梅雨時期意外であれば、どの季節でも問題ないでしょう。

寒冷地の場合には、冬場は避けた方が良いかもしれませんね。

「時期によって、塗料の乾きが悪くなるなどはあるの?」と思っている方もいると思いますが、現在用いられている塗料は、どんどん進化してきていますから、雨が降ったから乾きにくくなる、この時期の温度だと乾きにくいといった心配はありませんよ。

このように、外壁塗装を依頼する際には、家を建ててから10年経過してから考える必要があり、梅雨の時期などは避けた方が無難。

しかし、雨が降る時期だからといって、塗料が乾きにくいなどの心配はありませんので、ご自分のタイミングで依頼すると良いでしょう。

壁塗り替えと屋根の雨漏り補修の会社と契約を結ぶ

複数社からの見積を取り、そして、その中から選んだ業者2,3社に現地調査をしてもらい、依頼する業者が決まったら、いよいよ契約です。

しかし、正式に契約をするその前に、念のためもう一度見積書を再点検しておきましょう。

おかしなことがあったら、この段階ならクーリングオフも可能です。

また、現地調査に来た担当者に不信感を持つ場合もあります。杜撰な工事をされそうと感じたり、必要だからと、やたら追加工事を加えるなどに不信感を持ちながら契約書にサインをするのは気が重いですし、止めた方が無難です。

後で後悔をすることがないように、これらのことを考えて、大丈夫!と確信が持ててから契約を結ぶようにしてください。

また、契約する業者が決まったら、現地調査に来てくれた業者に早めにお礼とお断りの電話かメールをいれてください。

契約書にサインをする段階になったら、契約書に書かれている内容をしっかり読んでよく確認をしましょう。

外壁塗装は、かなり金額もかかりますから、良くわからないところは質問をして確かめておいてください。

見積書は、1回で決まることは少なく、依頼主からの要望で工事内容が変わったりして、変更で2回も3回も変わることも少なくないようです。

そのため、最終見積もりをしっかり点検しておく必要があります。

悪気がなくてもお互いに勘違いすることもありますから、後で問題が起こって嫌な思いをしないためにも、念には念を入れて慎重にことを勧めてください。

保障の確認ですが、保証書を出してくれる業者も出してくれない業者もあるようです。

出してくれない業者には遠慮なく申し出ることをおススメします。うるさいと思われるかもしれませんが、うるさいと思えば後で問題がおきないようにと、手抜き工事をしないかもです。

支払い条件なども確認して、大丈夫!と確信ができてから契約書にサインをしてください。

ページの先頭へ