このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁と屋根の塗装や雨漏り修理を依頼すると費用はどれくらい発生するのかがわかる診断フォームです。

地元の外壁と屋根の塗装や雨漏り修理の業者の料金の相場と一番安い業者がどこかを瞬殺で比較できます。

都道府県などの質問項目を選択していくだけで外壁補修の費用相場と一番安くて安心な業者を診断できます。

もちろん無料で利用できます。

外壁と屋根の塗装や雨漏り修理の作業の流れとは?

外壁補修を依頼したいと考えている方の中には、「どういった流れで、作業を進めていくのだろう?」と不安に感じている方もいると思います。

工事の際には、近所の方に迷惑を欠けてしまうこともありますから、作業の流れなどは気になるものですよね。

では、屋根や外壁補修を行う際には、どういった流れで作業を進めていくのか、ご紹介しましょう。

まず、塗装を行う際には、必ず足場を組み立てていくことになります。

家の大きさによっても異なりますが、この足場の組み立て作業はとても大変なもので、1日から2日の時間がかかることもあります。

また、周りの家に塗料が飛ばないように、ネットを書けたりする必要もありますので、準備を慎重に行うことになります。

足場が組み立てられれば、次に屋根や外壁を掃除していきます。汚れが付いた状態で、塗料を充填して塗っても塗料の効果を最大限に出すことが出来なくなってしまいますからね。

カビなどがある場合には、高圧洗浄機などを使って掃除していくことで、綺麗に落とすことが出来るんです。

掃除が終われば、養生シートをはり窓などをカバーしていきます。

そして、壁のでこぼこ箇所や亀裂部分の調整を行い下塗りをしていきます。

外壁補修では、3回の重ね塗りを行っていくことになります。

下塗り、中塗り、上塗りが終われば、養生シートを剥がし、足場を撤去し終了となります。

「意外に、色々な工程が必要なんだなぁ」と思われる方も多いかもしれませんね。

このように、外壁修理を行う際には、様々なカバーをしながら施工を行っていくため、時間を要する作業となります。

エクステリアの簡易なリフォームと違い、DIYで素人が自分で行うのは困難です。

外壁と屋根の塗装や雨漏り補修を行う目安と手配の仕方

外壁補修をするタイミングは、新築であれば7年から8年で、一度塗装をし直してからは約10年ごとを目安に塗り替えをするのが一般的です。

どんな環境の土地に建っているか、サイディングボードなのかモルタルなのかコンクリートなのかといった種類などの立地条件などによっても変動してきます。

壁や屋根の塗装は見栄えを良くすることはもちろん、家の壁材を守るという重要な役割がありますから、定期的な塗装を行わないでいると壁のひび割れや破損などが発生し余計な出費になることもありますので、早目の対応をしていくことがおすすめです。

7,8年と言われる耐久年数の前であってもサイディングや外壁が劣化してクラックや傷みが目立ち始めたら補修のタイミングと言えます。

外壁修理をのタイミングを見分けるには、まずは住宅の建物の周りを点検します。

注意して見ていくと、外壁補修が必要な時はなんらかのサインが壁から出ています。

そのサインとは、ひび割れや、変色とか、塗装が剥がれている部分がある、鉄の部分が錆びている、木の部分の塗膜が剥がれていたり傷んでいる、手で触ったら白い粉がついて、外壁が反っている、窓枠サッシの部分の継ぎ目にひびが入っている、壁に苔が生えている、などの症状があったら、目地補修や外壁補修を行う時期が来ているようです。

防水機能が劣化して雨漏りが発生して雨水が浸入して腐食している状態だと至急のメンテナンスと修繕が必要です。

シリコンや樹脂、アクリル、ウレタンといった塗装の種類やタイプによって一応の目安の耐久年数がありますが、材料や素材の他に、環境の条件などによっても耐久年数が違ってきます。

施工方法や工法の違いもありますし、下地の補強や修繕改修の必要の有無、使用する塗料の種類や表面の仕上げ処理、プライマー、接着剤の性能によっても変動します。

外壁修理を行うと決断したら業者選びに入るのですが、これが簡単そうで難しいのです。
悪徳業者は塗装業界に一番多いと言われていますから、よほど注意してかからなければなりませんし、悪徳業者とまではいかなくても、後で後悔するような業者もいます。

良い施行をしてもらうためにも、高額な代金を取られないためにも、良い外壁塗装業者を選ぶ必要があります。

良い業者を選ぶ一番の近道は、外壁補修の見積り診断サービスの利用です。

見積り診断サービスに登録するには審査がありますので、悪徳業者が紛れ込むことはなくなります。

審査を通過した優良業者からの見積もりを比較検討して選ぶことができます。

業者から見積もりを出してもらったら、その内容をチェックしていきます。

難しい専門用語の羅列ではなく、一般の素人が読んでも分かりやすい見積もりを提出してくる業者や保証がしっかりしている業者だと安心して依頼できます。

一例として見積もりの項目として足場設置の費用が記載されているかも確認します。

一般的に1㎡あたり900円が足場の相場となります。

作業の際には足場の設置は不可欠ですから、この料金が書かれていない時は、足場の設置にどのくらいのコストがかかるのか、前もって確認しておくようにします。

複数の業者から見積もりを提出してもらっておけば、各項目ごとに料金を比較できますので上乗せして請求してきている業者を見極めることもできます。

ただ、多くの業者に1件1件見積りを依頼することは時間と手間がかかりますので、ネットで複数の業者から一括して見積もりをもらえる診断サービスを利用するようにしましょう。

ページの先頭へ